最新記事

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ユウコ

Author:ユウコ
愛犬・不二子(05/3/18 ♀ 雑種)・湊(05/12/3 ♂ 雑種)との蜜月記
2005年5月。茶色の暴れん坊娘がやってきた!
2006年4月。ちっこい大物男がやってきた!
不二子と湊。合わせて「ふーみん」とのアホな日々。
※この日誌の内容は、あくまで素人飼い主の親バカ発言です。
ふーみんには合う事でも、他のワンちゃんに適しているとは限りませんのでご了承下さい。
※リンクはフリーではないので、ご一報ください<(_ _)>

検索フォーム

いくつになったの?

RSSリンク

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

病院

2006/11/01 18:25


お外大好き!










今日は気持ち良く晴れていたので、たくさんお散歩してきました










象さんとツーショット♪(象さんにリードもってもらっちゃいました)











・・・何故ミンも一緒に「スリーショット」ではないのかと言うと・・












ビビッてたから(^^;;











いっぱい歩いて帰ってきたら、ここ3日ばかしご飯を食べなくなっていたふーみんも
食欲が沸いたみたいでガツガツ食べてくれました(*´∇`*)

数ヶ月に一度やってくる「食べない期」。
今回も突然食べなくなり、フードを変えても一日で飽きちゃうし
手作り食も飽きたのか、一口二口しか食べない不二子。
湊は不二子よりは食べるけど、でもやっぱりドライフードはほとんど食べず・・・(-_-;)

オヤツは喜んで食べるので、ワガママかな~とは思いつつ
胃炎で血を吐いた事があり、またそうなってはと
ふーつあんの大好物のミルクを加えた手作り食&お米にしたら
喜んで食べてくれました。
もちろん湊もウハウハ(笑)
調子が出てきたのか、ドライも半カップほど食べてました。

よかった~~~


と思ったのもつかの間。


今度は不二子の足に、何か出来物らしきものが・・・

湊と遊んでるうちに傷が出来ただけかな?と3,4日様子を見ていましたが
気にして舐めているし、もしも腫瘍だったら・・と思い病院へ。











今日は混んでいたので、待ちぼうけのふーつあん。
早く先生に会いたくて仕方ない様子(笑)












ミンミンは爆睡(笑)









今日はネコの患者さんが多く、ふーみんは圧倒されてました。
やっぱネコちゃんのほうが強いわ(笑)
17歳というネコちゃんが二匹いて、それぞれとても大事にされていました。
これからも元気でいて欲しいです。









それから、こちらは仔猫ちゃん。
捨てられていた(怒)ところを、保護したそうです。
とても優しそうなおばちゃまで、どうしても放っておけなかった、
犬がいるからどうしようかと思ったけれど
責任を持って救います、とおっしゃってました(拍手!)。

生後約2週間ほどだそうで、排泄も自分ではできない状態。
お医者さんに刺激してもらって、いっぱいおしっこをしていました。
おばちゃまは一生懸命そのやり方や、ミルクの飲ませ方を習っていました。







ワンコやニャンコを家族のように、子どものように、
長い間大切に大切に世話をしている人がいる一方で
食餌も排泄すらも自力でできない小さな小さな命を
捨てて行く人がいる・・・・

命を捨てる事が殺すことにつながるとは考えられないのだろうか。
それが同じ人間なんだろうか・・
それとも、心優しい人が救ってくれることをアテにしていたんだろうか。
だとしたらなんと他力本願で無責任な人だろう。

命の重みを、もっともっと考えて欲しいです。



診察室から戻ってきた仔猫ちゃんは、ぽんぽこりんだったお腹がすっきりして
おばちゃまの手の上で、お乳を飲む仕草をしていました。
がんばって、ミルクを飲むんだよ!







さて、不二子の足ですが。


患部はこんな感じ(ちょとみづらいけど)










場所は左後足のこの部分です。







診察の結果、何らかの原因でなった皮膚炎だろうとの事でした。
腫瘍の可能性はゼロではないけれど、年齢からいって低い(ほとんどない)だろうと(ホッ)

ここの病院は、動物に負担のかかる検査はすぐにはせず
まずは負担のかからない投薬などの治療で様子をみて
それで治らなければ本格的な検査→処置をするという考え方。

そのへんの、動物のQOL(Quality of Life)を優先する治療法方には
賛同しているし納得もしているので
まずは皮膚炎を疑って治療を進めることにしました。

患部の消毒をして塗り薬を塗ってもらい
痒がっているので痒み止めと、それから炎症止めの注射をしてもらいました。
(注射はいつものように気づかないうちに終了~)

今後は10日間炎症止めの飲み薬を飲ませて、炎症が引けば
・皮膚炎である(だった)事
・それが治った事
となるので、治療は終了。
もしも、炎症が引かない、あるいは大きくなるようであれば
検査と積極的な治療(炎症部の切除)をしましょう、という事になりました。


もしも腫瘍だったらどうしよう・・と心配していたので
とりあえずはホっとしました。
このまま薬で治ってくれるのを祈ります。







ふーちゃんが元気じゃなかったら、絶対イヤだからね









今日のように、患部を見て腫瘍かどうかを判断する場合、
できれば経験の豊富な先生に診てもらいたいというのが飼い主の心。

最近いつも診てくれてる先生は、優しくて熱心だけどちょいと若いので
(どうでもいいけどレミオロメンのボーカルに似てる)
できればほかの先生にも診て欲しいな~と思っていたら
奥から院長先生が見に来てくださいました。

院長先生に診てもらうのは、不二子の避妊手術以来。
(いつもは手術で忙しいようで、診察は若いモンに任せてるみたい)
院長先生の所見でも、腫瘍の可能性はほとんどないだろうとの事でした。


炎症が完全に引くまで楽観視はできないけれど、
とりあえずは様子を見る事にします。

ついでと言ってはナンだけど、今日は採尿も上手くいったので
尿検査もしてもらいました。
ph7.0とちょっと高めではあるものの、炎症は起きておらず、結晶もないとの事。
よかった。


湊の湿疹はすっかりよくなっていて、シャンプーしても大丈夫とのおスミつき。
最近、白い部分が白くないので(笑)週末にでもお風呂に入れたいと思います(^^)









ミンちゃんも、ずっと元気でいてね。










なんだかんだでしょっちゅう病院に行ってる姉弟・・・
すっかり常連です(-_-;)
ま、ふたりとも病院が好きだから、いいっちゃいいんだけど
あんまり心配かけないでね・・(^^;;









そんなこんなで、疲れて家に帰ったら
ポストにらむここさんからの贈り物が届いていました!










なんと!手作りのカラーです!!!









お忙しいだろうに、ふーみんのことを思って作ってくださったらむここさん・・
ありがとう、本当にありがとう!
嬉しくって、涙が出ちゃいそうでした(*^^*)











ふーみんもお疲れなのですぐに寝ちゃったケド、早速着けてみました!
不二子には赤。湊には青。(でいいんですよね?)
とっても似合って(親バカ)可愛い~~~!

本当にありがとうございました。
大切にします(*^^*)









☆おまけ☆


母犬の気分(笑)









































スポンサーサイト
ふーみん | トラックバック(-) | comment(18)


| ホーム |


Template production /polaroid_3col
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。