最新記事

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ユウコ

Author:ユウコ
愛犬・不二子(05/3/18 ♀ 雑種)・湊(05/12/3 ♂ 雑種)との蜜月記
2005年5月。茶色の暴れん坊娘がやってきた!
2006年4月。ちっこい大物男がやってきた!
不二子と湊。合わせて「ふーみん」とのアホな日々。
※この日誌の内容は、あくまで素人飼い主の親バカ発言です。
ふーみんには合う事でも、他のワンちゃんに適しているとは限りませんのでご了承下さい。
※リンクはフリーではないので、ご一報ください<(_ _)>

検索フォーム

いくつになったの?

RSSリンク

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

晴れっていいね!

2008/05/15 15:05


公園ラン!!!



















♪♪♪



やっと晴れたよー!
お日様サンサン、ふーみんはニッカニカ!

















久しぶりに八木さんを眺めて・・・


















たまに会うおばあちゃんにご挨拶して・・・

















いつもの公園に行ったら、ワンコがいっぱいいたー!
くーたんもいるぅ~!!
















と思ったら、くーたん、飛んできた~(笑)
かわいかったー(*´∇`*)
















ふーみん台風が強い勢力を保ったまま上陸してしまったので(爆)
一時騒然となりました(^^;)
お騒がせ致しましたー!

















おとなし~~くしてたというくーたんにまでその勢いが飛び火。
スイッチオンになって走りはじめたよ~♪

















ふーみんもロングリードに換えてダッシュダッシュ!

















バロンくんだー!
ミンはバロンママさんのツボマッサージが大好き♪
なので、呼ばれたら嬉しそうに寄っていってましたよ(^-^)
いつもありがとうでーす!

















ポー様もキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!


















少し落ち着いたところで、ふでぃこの営業開始(笑)
ひとりひとり、ご挨拶にいってました(^-^)
















こたくん、騒々しくてごめんね~(^^;)
こたくんは、フレブルのこたくんに好かれてたねぇ(笑)
















オヤツまで頂いて、すっごい笑顔なふーみん♪

















オヤツタイムは、みんな嬉しそうだねぇ(*^^*)





















くーふーみんは、一緒に走り回ったり


















遊んだり、すごく楽しそうでした(*´∇`*)
















チビッコ&ママさんにも構ってもらったよ



















お天気がいいし、走り回ったしで暑くなったふでぃ~こ、
日陰に入ったつもり・・・?(笑)
















ポー様は上手に日陰にはいってたね(^-^)

















楽しく公園で遊んだ後、ちょこっとだけくーたんちのお庭にお邪魔しちゃいました☆

















帰りは、途中までくーたん&ママさんに送ってもらっちゃったー(*^^*)
ふでぃこはくーたんにチュッチュしたり、
ミンもくーたんにくっついてみたり。
大好きなくー姉ちゃんに会えてよかったね(*´∇`*)










くーたんママさんはじめ公園のみなさん、ありがとうございましたー!!













さて、今日は「不二子との出会い」記念日です。
三年前に出会った不二子は、まだちっちゃくて、ぼや~っとしてて
まさかこんなアクティブなワンコライフになるとは思ってなかったな(笑)
もっとおとなしい子かと思ってたので・・(爆)

でも、今は、不二子みたいなアクティブワンコで本当によかったと思ってます(^-^)
だって、毎日が楽しいもん!

不二子、ウチのコになってくれてありがとうね(^-^)


不二子との出会いについて、詳細はコチラ
すごく長いので注意です(^^;)


















MY LIFE WITH THE DOG

「人間の身勝手で犬を手放さない。捨てない。みんなあなたと同じ命です。」

郵送承っております!MY LIFE WITH THE DOGサイトのメールフォームより
お気軽にお問合せくださいませ。
※今月の新座里親会は欠席いたしますので販売はできません。
 ご了承くださいませ。









ステッカー使用例写真・第12弾です♪
島根県のIさまがお送りくださいました☆
車や電話機に貼ってくださってます。
Iさま、本当にありがとうござました~!!



使用例写真、大募集中です♪
ユウコのメイン・メールアドレスをご存知の方はそちらへ、
ご存じない方は 

fumibaka23★
      yahoo.co.jp 

へお送りください♪
(★を@に直してください)

お待ちしてまーす(^▽^)
スポンサーサイト
ふーみん | トラックバック(-) | comment(12)

不二子との出会い記念日

2008/05/15 14:23

今日5月15日は、「不二子との出会い記念日」です。

三年前、2005年の5月15日に、私達は当時2ヶ月弱の不二子に出会いました。
不二子のママ・ふくちゃんは、放浪していたところを?運良く獣医さんに保護され、
不二子たちきょうだいを生んでくれました。
10頭!の多産だったそうです(笑)

全国各地に旅立っていったきょうだいたち。
不二子とぱーるちゃんもそれに続こうと、新座里親会にやってきました。
獣医さん宅で預かっていただいていたことになりますが、
今で言う「預かりボランティア」さんとはちょっと性質が異なり
預かり名もなく、不二子は「3」、ぱーるちゃんは「2」の番号札をつけていました。






2005/5/15 3番の番号札をつけた不二子。
「成犬時予想 20kgくらい」と書かれていました





その後、不二子は不二子として、ぱーるちゃんはぱーるちゃんとして
新しい犬生がスタートしました。

その後のことは、今では宝物となっている不二子と湊の記録
「ふみバカ日誌」につづってきていますので
今日は、その前の話、どうして我家がワンコを迎えようと思ったのか
それを書きたいと思います。




そもそも、私はずーーっと犬が好きでした。ネコも好きでした。
何故ワンコやニャンコが好きになったのか、それは分かりません(笑)

当然、幼少期の私は、犬かネコを飼いたい!とダダをこねては
両親を困らせてきました。
私が幼い頃は、父の仕事の都合で引越しが多くしかも官舎住まい。
犬やネコを飼育できる状態ではなかったのです。


私が小学二年生になったとき、父は家族のために家を買いました。
(そのため、その後父は、単身赴任生活となりました。現在も・・・)
ど田舎ですが、庭付きの一戸建て。

これで犬かネコが飼える!!と大喜びしたものです。



ある日、学校の近くの公園に、ダンボールに入れられた子犬がいました。
捨て犬です。
誰かがもわわなきゃ、あの子犬たちは死んでしまう!
幼心に、そう思いました。救ってあげたい、そんな気持ちもありました。

でも、両親は首を横に振り続けました。

小学生のお前には、まだまだ犬の世話なんて無理!
ぬいぐるみじゃないんだよ、うんちだっておしっこだってする。
お散歩も毎日行かなければならない。
旅行にだって、いけなくなるんだよ。


せっかく家を買ったのに。引越しだってなくなったのに。
どうしてダメなの?!
私は散々泣きました。
両親は、犬が嫌いなんだと思いました。

でも、父が静かにこんな話をしました。


「お父さんだって、犬が大好きだ。あんなに可愛い動物はいないと思う。
 でも、犬は生きてるんだよ。10年以上生きるんだよ。
 そんなに長い間、お前はずっと世話ができるっていうのか?
 お母さんに押し付けるんじゃないのか?
 それに、ウチはおばあちゃんの家が遠くて、長い事留守にすることがあるだろう?
 そんなとき、犬はどうするんだ?
 もっとよく、考えなさい」


母は泣いていました。
飼ってあげたいけど飼えない・・・
(今から思えば、当時は経済的余裕もなかったんだと思います(笑))


両親が犬が嫌いで、私に意地悪するつもりで飼うことを許さないわけではないんだということを悟り
私はそれ以上、犬をねだらくなりました。


ちなみにそのダンボールのワンコたちは、同級生のおうちにもわられました(ホッ)




そういう家庭だったので、私が中学三年のとき、
母が突然「犬を飼う!」と言い出したときは本当にびっくりしました(笑)
まぁ、そのときは末娘が中三、長男はもう成人していたし
母にも余裕が出たのでしょうね。

それが、夏姫(なつめ)ちゃんです。






家に来た当時のなつめちゃん。
超絶可愛かったです!!!
壁紙、喰われてますけど(笑)






今も超絶可愛いです♪





夏生まれの女の子なので、次兄がそう名づけました。

もちろん、私は大喜びです!
中三にもなっていれば、それなりに犬の世話はできます。
毎日お散歩に行きました。
どんなにイタズラされても、「お母さんが一番好き!次がユウコちゃん」って態度をとられても(笑)
かわいくてかわいくて仕方なかったです。

でも、私が結婚と同時に家を出てしまったので、離れてしまいました。
なつめは母にべったりだし、
当時私が住んでいたのはペット不可のアパート。
しかも学生で毎日家を空ける生活。
なつめちゃんを連れてくる、という選択肢はありませんでした。

なつめちゃんは元気だけども、なつめちゃんロス状態になりました(^^;)

だから、もしも私が犬を迎えられるとしたら、
なつめちゃんに似た子を・・・と、思っていました。
なつは元気なのになんかおかしいけど(笑)
なつの影を追っていたのです。
(だからなつは元気だってばよー)



犬と暮らしたい、容姿はなつめちゃんみたいに
「茶色」「垂れ耳」「ロン毛」が理想!!

そう思いながらも、仕事に追われる日々。
アパートから今の家に引越し、誰もダメとは言わなくなったけど
仕事が忙しかったのでもう全然無理。
そりゃ、ワンコに留守番を強いれば飼えないことはないけれど
それじゃ意味がないと思ったんです。
そもそも、それじゃワンコが可哀想だし・・・・。


ところが、2005年の春に転機は訪れました。

それまで、アルバイトとはいえほぼフルタイムで務めていた会社をばっさりと辞めました。
専業主婦となり、え?!これって、ワンコ飼えるってこと?!

仕事をしていたときも、ぼ~~と見ては妄想していた
いつでも里親募集中というサイトを、にわかに真剣に見るようになりました。

「ワンコを迎えるなら、里親募集の子を」
それは、ずっと前から思っていたことでした。

今ほどイロイロと現実を知っていたわけではありませんでしたが
漠然と、ペットショップから「買う」のには抵抗があったんです。
たぶん、命について真剣に話してくれた、両親の影響が大きかったと思います。
命の売買は、したくなかったんです。

それに、単純に雑種が好き♪

インターネットであれやこれや検索するのが好きだったので
「犬 もらってください」 とかなんとか、そんなキーワードで検索してヒットしたのが、
里親募集系のサイトだったんです。

「いつでも里親募集中」は見やすかったので、本当によく見ていました。

そして、その中に、
なつめちゃんの仔犬時代にそっくりな仔犬を見つけました!!
地域的にも遠くなくて、会ってみたくて、
その仔犬を保護している里親会に、里親希望のメールを出しました。
事前にアンケートに答えてください、とのことだったので
アンケートの回答も添えて。

が、返答は
「その子は既に、里親さんが決定しました」
というものでした。

残念でしたが、その子の里親さんが決まったことに、安堵感も覚えました。
あの子が幸せならいいや・・
そういう気持ちをメールにして送ったろころ、
「今回は残念でしたが、ぜひほかのワンコにも目を向けて欲しい、
良かったら、ぜひ里親会に行ってみてください」
というような返答がきました。

私は、あの子が可愛くてあの子が欲しい!と思ったけれど
でも、ほかの子でもまた「ビビッ」と来るものがあればその子でも、と思っていたので
教えていただいた里親会に行ってみることにしたのです。
やっぱり、写真だけでなく実際に会ってみたいし。

そういうわけでお邪魔したのが、新座里親会でした。

話を通してくださっていたので、「お好きなワンコをどうぞ」状態でした(笑)

私は、ワンコがいっぱいいるということだけで大興奮(笑)
みんなかわいい!どの子でも~!なんて思っちゃいました。

が、やっぱり長く付き合う家族を迎えるわけですから、
気を落ち着かせて、改めて、ビビッ!と来る子がいないかな・・・と見ていました。

そのときです。

保護主さんの車が到着して、中から茶色い仔犬が出てきました。

茶色くて、垂れ耳で、女の子で、将来大きくなりそうで・・・
そんな、私の希望ぴったりの仔犬がいたんです。
(毛の長さは、この際どうでもよかった(笑))
それが、不二子でした。


車に酔った不二子は、姉妹のぱーるちゃん共々ケロケロ吐いてびっちょり(笑)
五月といえども寒い日で、濡れた不二子たちはぶるぶる震えていました。
車から降ろして、濡れた体を拭くその役を、
新座のスタッフさんが私に託してくださいました。

不安と、寒さ。両方でしょう、なかなか震えがおさまりませんでした。
でも、タオルで拭いて、温まるよう身体をこすっていたら
だんだんと落ち着き、私の顔を見上げて、そしてペロっ!と私の顔を舐めたんです。

なんて可愛いんだろう!!!ビビビッ!!!

意外とずっしりとしたあの重み、それから舐めてくれた感触。

それは、今でもはっきり覚えています。
私の口から出た言葉は、

「ウチの子に、なる?」

あのとき、不二子はなんて答えてたんだろうね(笑)



その後、とんとん拍子に話は進み、
不二子は不二子として我家にやってくることになりました。
まずは、飼育状況の確認ということで、不二子なしで、
スタッフさんが我家にいらっしゃいました。
そして、用意するものなどのアドバイスをしていただき
いただいたリストを握り締めて買い物へ。
嬉しくて嬉しくて、アタマの中にはお花が咲いていました。







先走りして買ったケージ。
これは不二子に出会う前に買っちゃったんだよねー(笑)
現在は、ふーみんのトイレとして活躍しています。






数日後やってきた子犬に、家の中をめちゃくちゃにされるとは
少しも思わずに・・・・(笑)







と、不二子が家に来るまでの話はこんな感じでした。

不二子との縁を結んでくださった、
ママ犬がいる獣医さん宅、保護主さん、里親会のみなさんには本当に感謝しています。


ふーみんを連れて散歩していると、たまに
「私も里親になりたかったんだけど、条件が厳しいでしょう?それで諦めたの」
という話を聞く事があります。

確かに、事前アンケートでもかなりプライベートな質問があったり
ちょっと、戸惑うこともあるかもしれません。
でも、命を譲り受けるのに、必要なことなんです。










保護主さんに送った、家族写真に写っている不二子。
2005/5/22撮影。







例えば、私が答えたアンケートには、
「犬や猫に、月いくらまでお金をかけてあげられますか?」
というような質問までありました。
そんなことまで答えるの?!と、思わなかったといえばうそになります。

でも、こういうことって、本当は自問自答しておかなければならない事。
アンケートの質問事項全て、自分でもよく考えておかなければならない事なんです。

条件が厳しいと思われがちですが
普通のペット可の家庭で、普通に暮らしていて、普通のひとたちならば
大丈夫だと思うんです。
ウチで平気でしたから(笑)




ちっちゃい頃は、よくイスの下にもぐってたね。もう入れないね(笑)


だから、これからワンコやニャンコを迎えたいな・・・っていう方には
ぜひ、保護わんにも目をむけて欲しいなと思います。






抱っこで寝ちゃう甘えん坊でした






ブリーダーさんや、ペットショップでの出会いを否定するつもりはありません。
「このコを家族にしたい!」と、ビビビッときたなら、それが出会いでしょうから。
でも、ブリーダーさんやショップのほかにも、里親になるという方法もあるんだよ、
ということを、知っててもらえると嬉しいなと思います(^-^)







はなせはなせ~!と暴れることも(笑)










あの日、不二子に出会わなかったら
ウチには別のワンコがいたのかなあ・・・
不二子との出会いで、少なからず人生が変わりました。
不二子がワンコ大好き!なコだったから、湊を迎えることもできたし。
湊を迎えたことで、また人生が変わりました。

良い方に、ね。

一度きりの人生だから、不二子たちがいなかったほうの人生がどんなだったか
それは知ることはできないけれど
でも、断言できるな。

不二子と湊を迎えてよかった って。


誰かにしてみれば、ただの犬かもしれないけれど
私にとっては何より大切なふたつの宝。

不二子との出会い記念日に、そう、言い切れます。







2005/6/2撮影
2.5ヵ月で、6.2kg。



ふーちゃん、ミンくんも、これからもよろしくね!

ふーみん | トラックバック(-) | comment(10)


| ホーム |


Template production /polaroid_3col
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。